---
Overview
 open/close
2017
10分に1度、福島県の帰還困難区域内にある民家のドアベルが鳴り続けるインスタレーション。アテネのホテル、東京とロンドンのギャラリーで作品として展示された。ホテルやギャラリーに設置されたドアベルを押すと、その民家で録音された最新のドアベルの音がアテネや東京、ロンドンに転送され、それらの部屋内から聞こえてくる。
2017
An installation where the doorbell continues to ring once every 10 minutes in an uninhabited house inside the exclusion zone in Fukushima. It was exhibited at a hotel in Athens, and galleries in Tokyo and London. By pushing the doorbells set up at the hotels and galleries, the doorbell sounds recorded at the uninhabited house is transferred to Athens, Tokyo, and London, and heard from inside those rooms.
---
Video