---
Overview
 open
石油や石炭、天然ガスなどの限りある資源の代替として、「性欲」を電気に変換することで永久に安定したエネルギーを供給すべく発明された作品。スポーツ新聞の三行広告欄など、エロい広告にそれらしい文言と電話番号を掲載。広告を見た不特定多数の成人男性からかけられた電話の着信電波を、リレー付き光センサーによって感知して発電させる仕組み。現在、特許出願中。 As an alternative to limited resources such as oil, coal or natural gas, this work was invented to provide eternally stable energy by converting “libido” to electricity.

Chim↑Pom inserted tiny ads with a phone number in sports newspapers, camouflaging them as erotic phone line information. Upon receiving a call from unknown male adults who saw those ads, the machine will convert radio waves into electricity by an optical sensor with a relay.

Chim↑Pom has currently applied for a patent on this.
---
Photo
  • 性欲電気変換装置「エロキテル」初号機 Libido-Electricity Conversion Machine “EROKITEL” first version 2007 ミクストメディア、スポーツ新聞の広告、パネル 2007 mixed media, sports paper ad, panel

  • 性欲電気変換装置「エロキテル」 実用機〈キボウ〉 Libido-Electricity Conversion Machine“EROKITEL” third and practical model ‘KIBOU’ 2011 ミクストメディア、スポーツ新聞の広告
    福島第一原発の事故によって起こった大規模な計画停電と節電キャンペーンに際し、「REAL TIMES」展のために制作された3号機〈キボウ〉。深刻な電気不足のさなかでの展示ということで、いよいよ実用化に踏み出す。〈キボウ〉が光ってギャラリー内が最も明るくなるとき、光量の20パーセントを賄っている計算になる。
    2011 mixed media, sports paper ad

  • 性欲電気変換装置「エロキテル」USA ヴァージョンLibido-Electricity Conversion Machine“EROKITEL” USA version 2008 ミクストメディア、タブロイド紙の広告2008 mixed media, tabloid ad

  • 性欲電気変換装置「エロキテル」USA ヴァージョンLibido-Electricity Conversion Machine“EROKITEL” USA version 2008 ミクストメディア、タブロイド紙の広告2008 mixed media, tabloid ad