---
Overview
 open
展示場所のポテンシャルを最大限にいかす、究極のサイトスペシフィックアートのシリーズ。それぞれのスペースが歴史的に抱えているアイコンや生モノをそのまま大げさに展示するのが特徴。

タイトルも展示も万博などのコンセプトから採用されている半面、生モノの展示の思考としては、「スーパーラット」や「ともだち」同様、「もの派」の更新や「もののあはれ」の現代への置き換えがベースになっている。

タイトルは作品によって違いがなく、どれも「PAVILION」。
A series of ultimate site-specific art intended to bring the most potential of the installation space. They all are unique in its own ways dynamically utilizing the characteristics that each one of them have. All have the exact same title, “PAVILION” with no distinction.

The title and the installation method both comes from the modern conception seen in World Expos, on the other hand, the essence behind, similar to Chim↑Pom’s other work such as SUPER RAT or TOMODACHI, is the alternative interpretation of “total uncertainty” or the Mono-ha art movement.
---
Index
 open
PAVILION 2013
PAVILION 2013
PAVILION 2012
PAVILION 2013
PAVILION 2013
PAVILION 2012

---
PAVILIONPAVILION
 open
広島展!!!!!の会場となった旧日本銀行広島支店には、今はないが近年まで世界中から届けられる無数の折鶴が展示されていた。その圧倒的な量の膨大さと存在意義の甚大さ故に、市として処理できずに倉庫に溜まりつづけている折り鶴を再度日銀に運び込み、高さ7mのピラミッド(古墳)型に積み重ね、中をキューブにくり抜いて四方の折り鶴を体験できるようにした。折り鶴が「不燃ゴミ」として蓄積されている所以から、原発事故以降問題になっている放射性物質との対比などが論じられた。 This venue of the exhibition “Hiroshima!!!!!”, Former Bank of Japan Hiroshima Branch, had been showing countless numbers of origami cranes sent from all over the world. Because of the enormous amount of the cranes and the significance behind each origami cranes, Hiroshima City had no choice than storing them in a warehouse. With this installation, Chim↑Pom had brought the origami cranes back to the Bank of Japan building and stacked them up creating a 7m tall pyramid which the inside is hollow in cube shaper and views can go in. Accompanied with the fact that the cranes were stored as inflammable waste, great contrast with the nuclear waste after the accident at the Fukushima Nuclear Power Plant was made.
  • PAVILION PAVILION 2013 折鶴、ガラス、ミクストメディア2013 origame crane, glass, mix-media

  • PAVILION PAVILION 2013 折鶴、ガラス、ミクストメディア2013 origame crane, glass, mix-media

  • PAVILION PAVILION 2013 折鶴、ガラス、ミクストメディア2013 origame crane, glass, mix-media


---
PAVILIONPAVILION
 open
故・岡本太郎のアトリエ兼住居だった美術館、岡本太郎記念館でのインスタレーション。1970年の大阪万博でのパブリックアート「太陽の塔」で国民的人気を得ている氏の遺骨を、大阪万博の代名詞とも言えるアメリカパビリオンの展示「月の石」に見たてて展示。天井、壁、床まで白くしたホワイトキューブに作ったウィンドウディスプレイに骨を展示して、自然光だけでライティングした。 This installation was done in the Taro Okamoto Memorial Museum, which was formally a residence/studio of the artist Taro Okamoto, most famous for the gigantic public art “Tower Of Sun” at the Osaka Expo in 1970. The installation features Taro Okamoto’s real burnt bone resembling the manner of how the moonstone was displayed in American Pavillion at the Expo. All the ceilings, floors and walls were painted white creating a total white cube in his studio, and only natural sunlight lit up the installation.
  • PAVILION PAVILION 2013 芸術家の骨、ホワイトキューブ、ウィンドウディスプレイ
    制作協力:岡本太郎記念館、白石高朗、郡司貫太郎
    2013 artist's bone, white cube, window display cooperation: Okamoto Taro Memorial Museum, Shiraishi Takao, Gunji Kantaro

  • PAVILION PAVILION 2013 芸術家の骨、ホワイトキューブ、ウィンドウディスプレイ
    制作協力:岡本太郎記念館、白石高朗、郡司貫太郎
    2013 artist's bone, white cube, window display cooperation: Okamoto Taro Memorial Museum, Shiraishi Takao, Gunji Kantaro

  • PAVILION PAVILION 2013 芸術家の骨、ホワイトキューブ、ウィンドウディスプレイ
    制作協力:岡本太郎記念館、白石高朗、郡司貫太郎
    2013 artist's bone, white cube, window display cooperation: Okamoto Taro Memorial Museum, Shiraishi Takao, Gunji Kantaro

  • PAVILION PAVILION 2013 芸術家の骨、ホワイトキューブ、ウィンドウディスプレイ
    制作協力:岡本太郎記念館、白石高朗、郡司貫太郎
    2013 artist's bone, white cube, window display cooperation: Okamoto Taro Memorial Museum, Shiraishi Takao, Gunji Kantaro


---
PAVILIONPAVILION
 open
デパート「PARCO」外壁のネオンサインからCとPを取り外し、店内のギャラリーに設置するプロジェクト。閉ざされた空間で、音楽と同期させながらネオンサインを光らせることで、そのスペクタクル性をあらためて強調する。消費社会で育ったChim↑Pomのセルフポートレートでもある。クイーンのヒット曲「ウィ・ウィル・ロック・ユー」、カンタータ「『カルミナ・ブラーナ』おお、運命の女神よ」、そして「蛍の光」がループして流され、「蛍の光」の流れるあいだ、徐々にネオンが消灯していく。 Using the existing neon signage of a “PARCO” department store, this project removes the C and P from the signage outside and installs them in the galler space inside. Synchronizing the neon sign with music, this work emphasizes its spectacular nature once again. It is at the same time a self portrait of Chim↑Pom with themselves having grown up in the consumer society. The neon lights gradually go off as it plays Queen’s hit song We Will Rock You, the cantata Carmina Burana, and Hotaru no Hikari [the Japanese version of Auld Lang Syne, usually played when a shop closes] in loops.
  • PAVILION PAVILION 2012 ネオンサイン2012 neon sign

  • PAVILION PAVILION 2012 ネオンサイン2012 neon sign

  • PAVILION PAVILION 2012 ネオンサイン2012 neon sign